-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-06 12:13 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

最近アボガドが好きだという方、多いですね。特に女性。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つ、美容に効果的な栄養素のひとつです。

ビタミンEをたっぷりとれるというのも女性に人気の要因かと思います。

アボカドはねっとりと濃厚な食感でボリュームがあり、果物なのに甘くなく、

料理に使うほうがその味わいがひきたちます。
f1c19f926c038aed0ade18aa21a5aade.jpg


わさび醤油で食べたり、サラダや卵焼きにしたりするのも美味しいと評判。

ただし、別名「森のバター」と呼ばれるアボカドには脂質も多く含まれているので、

食べすぎには要注意。

1/2個でおよそ150kcalにもなります。1回で使い切れない時には酸化して黒ずんでしまうのを

防ぐためにレモン汁をふりかけておくといいようです。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2013-12-02 11:20 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

『食事制限不要』

これで痩せれてたらそりゃ最高です。前回も書いた通り当たり前ですが無理です。

もしかしたら?!の期待もなしです。

食事制限の場合は、そもそもその重要性をごまかすことはできません。

248.jpg


どんなに一生懸命体を動かしても、好きな物をたらふく食べていたら、まず太ってしまうからです。

というわけで、"食事制限不要"と言うには、「食事制限とは何か」という部分を屁理屈でごまかすしか

方法が無くなります。

例えば、
「間食はNGですが、食事メニューは変えないので食事制限じゃありません。」
「何でも食べていいので食事制限ではありません。ただし、量と食べる時間だけは注意して下さい。」
「量に制限はありません。食べる内容だけを変えて下さい。」
とか言ってみたりする。

食事制限がないというのは、普通に考えれば何の縛りもない、好きな物をいつでも好きなだけ

食べられることになるはずです。

量はこれだけとか、夜は食べちゃダメとか、種類を変えるとかそういう事を言った時点で、

既に食事を「制限」していることになるでしょう。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2013-11-05 10:50 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

先日お休みいただいて旅行にいってきました。

鹿児島で黒豚食べたので、その流れで。

20131030_193355.jpg


糖質をエネルギーに変えるのをサポートし、疲労回復に働くビタミンB1は、米を主食とする日本人には

欠かせないビタミンです。

ビタミンB1が豊富に含まれる食材には、豚肉、卵、うなぎ、大豆、落花生、玄米などがあります。

中でも豚肉はビタミンB1の含有量がトップクラスです。ばら肉や脂肪が多いですが、

もも肉やヒレ肉なら低脂肪なのでダイエット中でも安心です。

また、せっかくのビタミンB1を効率良くとるには、玉ねぎやにんにく、ねぎに含まれるアリシンという

成分を組み合わせると効果的です。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2013-10-25 11:07 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

秋と言えば柿。

「二日酔いには柿」、「柿が赤くなれば、医者が青くなる」

という言葉があるほど、柿の栄養価は高く、特にビタミンCが多く含まれています。

original.jpg


すっぱいイメージのビタミンC、甘い柿に含まれていると聞くと驚きですが、

柿に含まれるビタミンCの量はレモンより少し少ないくらい。

レモンをそのまま食べるのは難しいですが、柿はそのまま食べられますので、実は効率の良いビタミンC源と

いえるのではないでしょうか。

また、柿に含まれるタンニン(渋味のもと)という成分とビタミンCは、アルコールの代謝をサポートする為、

お酒の酔いざましに効果があると言われています。お酒を飲んだ翌日の朝に食べてみてはいかがでしょうか。







西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

2013-10-02 13:26 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

野菜は体を機能させるうえで欠かせないビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。

そして、それ以外にもフィトケミカルと呼ばれる、体の生理的機能を活性化させる機能性成分が

注目を集めています。

Original_01672_1.jpg


フィトケミカルとは、植物性食品に含まれる物質の総称のこと。

植物性食品には、ビタミンやミネラルなどの栄養素、食物繊維などが含まれていますが、

フィトケミカルとは、「色」「香り」「苦味」といった今まで栄養素とは考えられていなかった

成分のことをいいます。

食物の5大栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルであり、近年、食物繊維が

第6の栄養素として注目を集めました。そして、今まで食物繊維同様、栄養素と考えられていなかった

「色」「香り」「苦味」等の植物性食品の成分のフィトケミカルが第7の栄養素として

取り上げられるようになりました。

栄養価が高いだけでなく、低エネルギーでダイエットの強い味方でもあります。

1日にとりたい量は350g、両手いっぱいが目安です。キャベツやきゅうり、大根、レタスなどの淡色野菜と

小松菜、にんじん、トマト、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜をバランス良くとりましょう。 





 西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。