2017-03-28 14:39 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

加齢による睡眠時間の減少は、生理的に避けられないことです。その分、眠りの質は高くなければいけません。

少ない睡眠時間で、翌日まで疲れを持ち越さないようにする必要があるからです。

逆に言えば、睡眠不足だとすぐに身体に不調をきたすようになってしまいます。

ではそうならないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、毎日を元気に過ごすための入眠のコツについてお話しします。

img56d692a612a90.png


【環境音や屋外の音は快眠を妨げる】
もともと音に敏感なタイプの人は、眠りにつく時に苦労されていることと思います。ただ特に敏感だと思っていなくても、実は知らず知らずのうちにいい睡眠をとれていない、ということもあるので要注意。逆に物音で目が覚めてしまう人と比べ、自覚症状がない分厄介です。

そして、加齢につれて深い睡眠状態である深いノンレム睡眠が経ると、ちょっとした物音で目が覚めやすくなってしまいます。例えば屋外の車やバイクの排気音。緊急車両のサイレン。犬の鳴き声。屋内であれば、時計の1時間おきの時報や、急に動き出した家電の機械音など、意外と夜でも眠りを妨げる音は溢れています。

まず屋外の音に対する対策は、できるだけ音の届かない部屋を寝室にすること。難しいようなら、遮音性の高い厚手のカーテンをかけるようにしましょう。完全にシャットアウトすることはできませんが、少し小さくなるだけで驚くほどの違いがありますよ。

今度は寝室内の話ですがこれは音の鳴るものの持ち込みをやめるだけで解決します。先に挙げたものはもちろんのことですが、意外と侮れないのが「時計の針の音」。カチ、カチ、と規則的な音が気になって眠れなくなったことはありませんか?身に覚えがある人は、寝室にアナログ時計を持ち込まないようにしましょう。

【最終手段は、耳栓とクラシック】
それでも環境音や屋外の音が気になって眠れないこともあるかと思います。また、静かにしているからこそ、急な物音に敏感になってしまうものです。そんな時の手段として効果的なのが、耳栓。ただし、あまりに音を遮断してしまうと、目覚ましのアラームや緊急時の警報に気付かないこともあるので、ほどほどが重要です。

耳栓だと何も聞こえなさすぎて怖い、余計に眠れないという人もいるでしょう。そういう人には、ごくごく小さい音量で音楽をかけるのがオススメです。音楽が、他の音を打ち消してくれます。




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/857-3d1af6f3