2017-01-30 11:56 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

デスクワークで長時間座っていると腰が痛む・・・

ある動作をすると腰が痛む・・・

寝起きに腰が痛む・・・

などなど腰痛の種類はたくさんあります。

共通して言えるのは骨盤のゆがみです。

腰にストレスがかかりにくくし、疲労を溜めこまない身体にする必要があります。

そのためには骨盤が良い状態でいる時間を増やすことが大切です。

座る環境さえあれば簡単にできるのでやってみてください。

1・・・まず、足をそろえて意識しすぎずご自身が思う良い姿勢で椅子に座ってください。

2・・・写真のように膝の高さがそろってなければ骨盤が歪んでいるということです。
IMG_0512.jpg

3・・・ご自身から見て高いほうの膝(写真ですと左)側の、手の親指の関節に刺激を軽く継続して加えます。
(写真の一番小さい赤丸の関節です。指の横からつまむように)
securedownload-3.jpg

4・・・刺激を加えたまま、立ってその場で足踏みしてください(回数は何回でもいいですが10回ぐらいかな)

5・・・また先ほどと同じように意識しすぎず座って膝を確認してください。

おそらく膝の高さは揃っていると思います。骨盤が安定したからです。

骨盤は身体の土台です。柱は背骨です。

腰痛に限らず、肩こり等諸症状にも影響ありますので、こまめにケアしてください。

またこれで完全に歪みがよくなったーということではないので、しっかり専門家の施術も受けてくださいね。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック






スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/844-9f27f72c