2012-11-05 15:11 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

食事を取る際に、その食べ方によっても食べ過ぎを防ぐことができます。

逆に食事のとり方を間違えればなかなか満腹感が味わえずにたくさん食べてしまうことにもなりかねませんので、

ダイエットに適した食事を覚えておくとよいでしょう。
ill01.gif


まずは、糖質を先に食べてしまうということです。

甘いものを食べることによって空腹感が満たされます。

そのため、まずは甘いものから箸をつけるようにしましょう。

具体的にはご飯やパンなどの炭水化物を先に食べるようにすることです。

おかずよりも先に食べることによって、体内の血糖値を素早く上げることができます。

ここで重要なのは、初めに食べる炭水化物はしっかりと噛んでゆっくりと飲み込むようにするということです。

早食いしてしまうとブドウ糖の分解に時間がかかってしまい、食事中に血糖値を上げられません。

ご飯だけでは食べられないという方は、1口や2口をゆっくり食べるだけでも構いません。

パンの場合はジャムなどを塗って食べるとより効果的です。

炭水化物を摂りたくないという方は、少量のジュースを飲むのも方法の一つになります。

また、食事中もできるだけ時間をかけてゆっくりと食べるようにしましょう。

炭水化物を食べた後もおかずをゆっくりと食べることによって食欲が徐々に満たされていきます。

最初に食べたものが消化吸収されることによって血糖値が上がるためです。

忙しい方は食事に長い時間かけるのももったいないと感じられるかもしれませんが、

身体のためにもよく噛んで食べるようにしましょう。






西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/83-45424f82