2016-12-13 13:36 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

身体の歪みは疲れやすさにもつながります。

なんだか最近疲れやすいなと思ったなら、まずは三つのチェック方法 で身体の歪み具合をチェックしてみましょう。

身体のゆがみとして、背骨や骨盤のゆがみはよく知られてい ますね。歪みが気になっている方の中には、

骨盤矯正などの 施術を受けたことがある方も多いでしょう。

ところで、自分の身体にどの程度の歪みがあるか、わかっている方はそれほど多くないと思います。

そこで今回は、自分で出来る自分の身体のゆがみチェック方 法を三つご紹介します。
4ee6555a5d303fe3d0362aacdbd82ce5-300x300.jpg


一つ目の方法は、「片脚立ちによるチェック」です。 10秒間、片脚で立ってみて、バランスの保ちやすさを比べてみてください。

左脚、右脚のバランスの保ちやすい側があれ ば、そちらに重心(体重の軸)がずれている可能性が高いで す。

左右の違いが微妙なときは、目を閉じて行ってみるとより はっきりわかるでしょう。

健康であればあるほど、左右の差が 小さくなります。

あまり歪みがなければ、どちらの足で片足立ちしても安定して いて、安定感の差もないものです。

一方でゆがみが大きけれ ば、左右どちらも安定せず、よろけてしまいます。身体の専門家にみてもらったほうがいいですね。

続いて二つ目の方法は、「ふたりで行うゆがみチェック」です。 脚を肩幅ぐらいに開いて立ち、

左右それぞれの方向からゆっく り肩を押してもらってください。

押す側の人は、手を肩にぴたり とつけた状態から始めて、ゆっくりと押す力を上げていきます。

右から押されたほうが耐えにくい場合は、重心が左に傾いている可能性が高く、左から押されたほうが耐えにくい場合は、

重心が右に傾いている可能性が高いといえるでしょう。違いが 微妙なときは、目を閉じてやってみるとよくわかると思います。

そして最後の三つめの方法は、「骨格・筋肉チェック」です。次 のうち、あてはまる項目があれば、それがゆがみのサインで す。
①脚を組んだとき、右脚と左脚で組みやすさや快適さに差が ある
②靴の底の削れ方、傷み方に差がある
③肩の左右のどちらかが上がっている
④こりや痛み、疲れが出やすい場所に偏りがある
⑤どちらかの口角のほうが上がっている(左右で差がある)
⑥目の大きさに左右で差がある

ちなみにこれら三つのチェック結果が悪い、つまり身体の歪み がひどければひどいほど、身体が疲れやすいとも言えます。

日頃の疲れの裏には、身体の歪みがあることも頭の片隅にお いて、定期的に健康診断を受ける感覚で、

日々ゆがみを チェックしてくださいね。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/827-a125b3b1