2016-11-18 11:37 | カテゴリ:トレーニング
こんにちは

筋肉トレーニングをひと言で言うなら、「筋肉に負荷をかけ ること」です。

負荷をかける道具は、身近にあるペットボト ルでも十分なので、お手軽、簡単な筋トレを今日から実践 してみてはどうでしょう。

petbottle.jpg


「筋肉トレーニング」と聞くと、ダンベルやバーベルなどの専 門用具を使ってやるものと思っている方が多いかと思います。

でも実は筋肉トレーニングとは、「負荷をかけること」であり、 もっとも身近にある負荷とは、自分自身の体重なんです。

立ったり座ったり、歩いたりするだけで、私たちの体には体重 という負荷がかかっているとうわけですね。

そして負荷が大きければ大きいほど、筋力アップになります。 ダンベルやバーベル、手首や足首につけるウエイト、

チュー ブなどの器具を利用するのは、負荷を大きくするためなのです。

ただし必ずしも、そうして器具を購入しなくても負荷をかけた 筋トレはできるんですよ。

いつでもどこでも手に入る身近なあ るものを代用して、気軽にできる筋トレ法を紹介しましょう

ダンベルの代わりに用意するものは、500mlのペットボトル2本。 たったこれだけでOKです。

まずは水を入れて重さを調節しましょう。最初はボトル半分くら いの量から始めてみてください。

筋トレをすることが初めてだと か、慣れていないという場合は、最初から無理をしないことが 大事ですよ。

■ペットボトルで筋トレの方法
1・・・両手にペットボトルを持ち横に広げ、上体を前に傾けた状 態で、腕全体でペットボトルを上げ下げします。

肩と背中の筋肉が鍛えられ、後ろ姿がスッキリ、若々しく見え るようになりますよ。

2・・・両手にペットボトルを持ち、足を肩幅に開いて、背筋を伸ば して立ちます。腕は自然にたらすイメージで。

その状態から、お尻を突き出すようにゆっくりとひざを曲げ、 ゆっくりと戻していきます。

これも、あくまでもゆっくり行うことが基本です。

いずれもやり方はとても簡単。しかもペットボトルさえあればい いので、ご自宅はもちろん、ちょっとした出先でも

思い立ったと きにできます。

健康な身体つくりはほどよく身体を使うことから。すでに運動を 習慣にしている場合は続けることを、

普段あまり運動しない場 合には、習慣を作っていきましょう。そのためにも、手軽で続け やすい運動が一番。

そんな手軽なトレーニングに加圧を加えればより効果的。

また普段生活していて気づかず生じている歪みによって筋肉や関節が機能低下しているのも

クリアにするのも大切ですよ。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/815-806020b2