2016-07-05 18:30 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

私たちの身体は生活リズムが乱れたり、ストレスを抱えたりすると

体内のリズムも切り替えがうまくいかなくなり、コンディションを崩します。

それが自律神経。

今回はお手軽にお仕事中、移動中、就寝前などでも行える

爪もみ療法をご紹介します。
tsumemomi.jpg


親指・・・アトピー性皮膚炎、喘息、円形脱毛症
人差し指・・・胃腸の調子
中指・・・耳鳴り
薬指・・・交感神経を刺激
小指・・・不眠症、肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、更年期障害

また抗うつに効くのが小指の爪の生え際。

就寝前に行うと副交感神経が働き効果的。

あとしっかり入浴。浴室を暗くするのもリラックス効果があって副交感神経が働きますよ。

合わせて背骨のメンテナンスも大切。背骨の老化は不調の原因ですよ。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/804-79d38771