2012-08-12 17:47 | カテゴリ:体の知識
こんにちは

加圧トレーニングのポイントは『成長ホルモンの分泌量』とよく聞くと思いますが

じゃその『成長ホルモン』ってなに?って事で。

brain.jpg


成長ホルモンとは主に、視床下部の脳下垂体を中心として分泌されますが、他のホルモンも含めると、甲状腺、

副腎、生殖器、膵臓、消火器、胃腸、心臓血管、脂肪や神経系など、体の様々な部位で作り出されます。

成長ホルモンの主な働きは、標的器官に分泌されることでその組織の成長を促す事と、代謝をコントロール

する事です。


で、その成長ホルモンは加圧トレーニング後に安静時の約290倍になると言われております。

それが『短期間』『短時間』で効果が出しやすいという理由なんですが

成長ホルモン分泌には夕食~睡眠にかけてポイントがあります。

■夕食時に良質な蛋白質を摂取する。
■炭水化物は、活動する朝と昼で取り、夜は少なめにする。
■血糖値が高いと成長ホルモンは抑制されるため、夕食後に甘いものは取らない。
■夕食後3時間以上たって(血糖値が下がって)から寝る。
■眠る時も、とぎれないように熟睡し4時間は継続して寝る

以上のこと、当てはまる方は気を付けてみるといいのではないでしょうか



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/8-47b917d1