-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-02 19:00 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

体の調子がずっとおかしい。。

日頃、頑張りすぎて自律神経がおかしいかな~なんて思っている方最近多いんじゃないですかね。
うつ、シーソー


現代人は交感神経優位になりがちで、常に興奮状態でリラックスできていないと言われています。

ではリラックスの副交感神経が優位になればいいんですが、以下当てはまる人は要注意です。

■休日に昼過ぎまで寝ている

体内時計のリズムを乱し、自律神経のバランスを崩すことにつながります。翌日以降、起床が辛くなりますよ。
昼間の眠気や夜の不眠の原因にもなりますのでさけましょう。
毎日同じ時間に寝たり起きたり、リズムのある生活を心がけることが大切です。
普段と比べて1時間程度の寝坊はかまいませんが、昼過ぎまでダラダラ布団にいることは避けましょう。

■シャワーだけの入浴

空調が効いている室内にいると、汗をかいて体温を調整する力が弱まります。
体温調整する機能が低下するということは、自律神経に悪影響を与えているということ。
湯船に浸かり汗をかくことで、体温調整の機能を鍛えることができます。

■運動不足

運動不足は体温調整の機能低下や筋肉の緊張を引き起こします。
運動不足から肩こりや腰痛などが発症することもあるでしょう。簡単なストレッチやウォーキングでも構いませんので、
日常的に軽い運動を取り入れましょう。
カイロプラクティックも有効です。

■睡眠前に布団の中でスマホをいじる

スマホやパソコンの画面を見ていると、脳が刺激を受けることで交感神経が優位になります。
またデジタル機器から発せられるブルーライトは睡眠障害の原因ともなり、不眠や睡眠不足を助長します。
睡眠の1時間前には部屋の明かりを落とし、リラックスした状態で身体を休めましょう。
これ結構やってしまっている人多いでしょう。

■偏った食生活

全身の組織をつくる源である、食事に注意が必要です。
基本は栄養バランスの取れた食事を朝昼晩に分けて摂ること。糖質や脂質、塩分は多くとりがちなので、見直しが必要な人も。
はい。私もですm(__)m 現在は食べ物がすぐ手に入りますからね~
良質なタンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維、青魚や種実、オリーブオイルなどに含まれる良質な油が良いようです。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/785-c9e6ac8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。