-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-19 11:13 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

摂取カロリーよりも、消費カロリーが多ければ痩せる。

こんな常識はわかっているけど痩せない・・まわりと同じ運動しても痩せない・・・

では『体質』はどうでしょう?

body_illust.gif


日本人の3人に1人は遺伝子的に太りやすい体質のようです。

身体を構成しているのは『タンパク質』。体内の酵素やホルモンもタンパク質です。

遺伝子の情報をもとにタンパク質が作られていますが、どんな遺伝子の組み合わせを持っているか、

ではなく、どんなタンパク質を作り出すか。が今後のあなたの健康状態を左右します。

そこで大切になるのが、結局食事や運動などの生活パターンです。

遺伝子的に太りやすい体質であろうと、太りにくい体質であろうよ、生活習慣が悪ければ

どちらにも体質は変わるということです。

現代は太りやすい環境だらけです。

移動手段は便利になり、いつでも24時間食べ物は手に入ります。

なんで痩せないんだろう?と感じている方は、生活を見直しましょう。

体質のせいにしている方、あきらめないでください。

私は太りにくいと感じている方、油断禁物です。

あと女性の味方であり敵なのが『皮下脂肪』

皮下脂肪は内臓脂肪より落ちにくい脂肪細胞です。

皮下脂肪は『断熱材』の役割を担っています。

体温を保ってくれるといえば聞こえはいいですが、逆に考えれば熱を作り出すエネルギーが使われないので

脂肪がたまりやすい悪循環に陥りがちです。

つまり何もしなければ年々熱を作り出す力は弱くなっていきますので、

体温を下げないよう断熱材の皮下脂肪をさらに厚くしようと体は防除反応を起こします。

そうなれば、安静時の基礎代謝も熱を作らないので、食べれば消化されず脂肪として

どんどん吸収されてしまいます。

活動量を落とさない生活にしていき皮下脂肪を重ねないことが大切です。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/781-73260474
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。