2014-12-17 11:41 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

先日、睡眠の質についてお話ししましたが、今回は睡眠とダイエットの関係について。

ダイエットといえば、運動やカロリーコントロールでストイックに行うものというイメージですよね。

爽やかな汗をかき運動するのは気持ちいいので、楽しみながら続けられそうです。と、思うでしょうが

おいしいスイーツやお料理、お酒などをセーブするのは、根性が必要。

これ、結構辛いです。もちろん、ダイエット成功の鍵を握るのは、この頑張りが大事。

でもそんなにストイックにならず、毎日のちょっとした習慣にも、ダイエットの大切なポイントがあるのです。

それは、「寝不足にならないこと」簡単でしょ?

130809_hormone.jpg


近年の研究で、睡眠時間は、食欲や体重変化と関係することがわかってきたようです。

食欲は、多くのホルモンによって調整されていますが、主に胃から分泌されるグレリンは、

空腹信号として食欲亢進作用があります。

また、主に脂肪組織から分泌されるレプチンは、満腹信号として食欲抑制作用があります。

ところが、睡眠時間が短いと、空腹信号であるグレリンが多く分泌され、

反対に睡眠時間が長いと満腹信号であるレプチンが多く分泌されるようです。

ということは、寝不足だと食欲は亢進してしまい、ダイエットに悪影響を及ぼすという事になります。 

つまり、睡眠時間を削ってまで、深夜や早朝にランニングするのはNGというになりますね。




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/693-9a05f4d5