-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-09 10:47 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

かつては、ダイエットの主流は「脂肪分の摂取を控える」でした。近年は、「糖質制限」が話題となっています。

もし、運動や肉体労働はせずに、デスクワークや家の中で過ごすことが多い人ならば、

野菜や果物、お肉や魚、キノコや豆類などを食べることで必要な糖質はおおかた摂れてしまうでしょう。

でも、ご飯やパン、うどんやお蕎麦はおいしいですね。好きな人は多いでしょう。

gohan.jpg


無理にこれを制限すると、ストレスがたまって逆に暴食してしまったり、何よりごきげんじゃなくなります。

やはり人生はごきげんが大事です。ですから、上手に賢く食べることを考えたほうがいい。

白米よりも胚芽米や麦、雑穀などを活用して、食事の最後に量を軽めに。とくに大麦。

大麦には不足しがちな水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

糖質や炭水化物に悪者のようなイメージを持たれている人もいるかもしれません。

ここで、糖質と炭水化物の違いを簡単に説明。

わかりやすくシンプルにいうと、炭水化物から食物繊維を除いた部分が糖質です。

お米の場合、玄米から糠や胚芽を取り除いて白い糖質の部分だけにしたものが白米です。

つまり、玄米には食物繊維が豊富に含まれていますが、白米になるとほとんどが糖質というわけです。

糖質はとりすぎると肥満や糖尿病の原因となりますが、食物繊維は積極的にとりたい栄養素です。

私たちは水溶性食物繊維の多くを炭水化物から摂取しています。

糖質制限はよいけれど、それと同時に食物繊維が減ってしまっては、マイナスです。

つまり、量だけでなく、質を考える必要があります。

ほとんどの炭水化物には、精製されているものと精製されていないものがあります。

白米のほか、白いパン、白いうどんなどは精製されて栄養分が取り除かれ、食後の血糖値を急激に上げやすく、

太りやすいのですが、大麦、ライ麦、玄米などの精製されていない炭水化物はゆるやかに血糖値を上げ、

食物繊維のほか、ビタミン・ミネラルも豊富。しっかり摂取したい炭水化物といえます。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック





スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/689-5704c260
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。