-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-15 15:01 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

あなたのお腹(内臓)はきちんと働いていますか?

内臓機能の低下は、病院等の検査では異常は出ません。

病気ではないけれど、しかし健康でもない状態。

naizou3.jpg


通常はカイロプラクティックで骨格の歪みを治すと弱っている内臓は活性化します。

しかし歪みの期間があまりに長く慢性化して内臓が弱っていると・・・それだけではダメです。

骨格の歪みを整えて血流を良くして内臓調整をし、流れが滞っている脳脊髄液の循環を

良くして弱っている内臓を活性化させ、身体の内側から改善していかないとダメです。

それと毎日のバランスのとれた食事と規則正しい生活や適度な運動も必要です。

内臓機能低下が進行すると、一般的には内臓は硬くなって腫れてくる事が多いです。

あなたのお腹(内臓)は痛いところや硬い箇所はありませんか?

原因不明の「身体のだるさ」や「皮膚の異常」なども機能低下の特徴の一つです。

なかなか治らない腰痛や何度も繰り返す背中の痛みも・・・

内臓機能低下(内臓障害)が原因で起こっている場合が臨床上とても多いです。

これを防ぐ為にも歪みをなくす骨格調整が必要です。

特にアトピーなどの皮膚異常は胸椎のT9(副腎)が影響している事が多いです。

機能低下は自覚症状が出にくいので、ほとんどの人は体調不良の原因に気づきません。

その状態が進行すると内臓疾患(病気)へと移行する事が多いので注意して下さい。

また甲状腺が機能亢進するとバセドウ病を発症する事があります。(特に女性に多い)




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/644-15fb1cb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。