2012-10-09 12:41 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

今回も脂肪シリーズ続編

『中性脂肪』について

中性脂肪は、一般的にはぜい肉と呼ばれているものになります。

お腹などについている柔らかいぜい肉のことです。基本的に中性脂肪は食事などによって摂取され、

体内に貯蓄されるものになります。貯蓄後は体内の重要なエネルギー源となるのですが、

すぐに使われることはなく万が一に備えて体内に蓄えられることになるのです。

人間が身体を動かす際には、血中の糖分をエネルギー源として使用することになります。

しかし糖分が足りずにエネルギー不足の状態になると、代わりに中性脂肪を使うことになります。

また寒い冬場には、体温を一定に保つために断熱材として働くことがあったり、

ぶつけたりした時にクッションのような役割を果たすこともあります。

しかし中性脂肪を溜め込むことによって、血液がドロドロになったり肥満になったりしてしまいます。
column_graph2.jpg


中性脂肪は、適度な蓄積でしたら身体のエネルギーとして使われるため問題ないのですが、

使われないまま増え続けるとその過剰分が皮下脂肪や血液に蓄積されることになるのです。

この状態が長期的に続いてしまうと、心筋梗塞や肝硬変などの心疾患や、動脈硬化、

脳梗塞のような病気に進展することもあり得ます。

コレステロールの摂りすぎも同じように疾患を引き起こすのですが、中性脂肪値が高いのは

コレステロールよりも危険だと言われています。

エネルギーを消費すれば段々と減っていく脂肪になりますので、特に有酸素運動などの

運動を繰り返していくことによって中性脂肪は徐々に減っていきます。

しかしすぐには効果が出ませんので、根気よく続けていきましょう。






西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/52-92a2deee