-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-08 11:42 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

前回に補足でお肉などは太るから食べない方がいいと勘違いしてしまってる人。

または、食べるのに躊躇してしまう人。

部位で選んでみては?

動物性脂肪(肉や魚に含まれているあぶら)のとり過ぎは脂質代謝異常症(高脂血症)の一因になりますので

注意が必要です。

とはいえ、肉や魚は優秀なたんぱく源ですから、日々の食生活には欠かせません。

動物性脂肪のとりすぎを防ぐために心がけたいのが、脂肪の少ない素材や部位を選ぶこと。

例えば、豚バラ肉の脂肪は豚もも肉の8倍。

エネルギーに換算すると、
【豚バラ肉20g1枚(80kcal)】=【豚もも肉20g2枚】

もちろん、調理法によっても、
table_cooking04_01_01.gif

こんなにも違うんです。

このように、同じ食材でも部位によって脂肪の量がずいぶんと違いますので、上手に組み合わせたいですね。







西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/442-c27ea3ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。