-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-03 10:40 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

~睡眠について~

脂肪燃焼を促すと言われているコルチゾールと呼ばれるホルモンは、睡眠中に分泌されることになります。

このコルチゾールは、特に夜中3時くらいから明け方にかけて多く分泌されると言われており、

同時に成長ホルモンも分泌されています。成長ホルモンは細胞の代謝を促すことによって

古い細胞を新しくしているため、こちらも脂肪燃焼には欠かせないホルモンになります。

基本的な睡眠時間が6時間より少ない方は、レプチンというホルモンが少なくなっています。

レプチンは脂肪細胞から分泌されているホルモンになり、脂肪細胞が増えるとレプチンが分泌され

食欲を抑える働きを助けます。

このレプチンが少ないと食欲をうまく制御できなくなってしまい、

たくさんのものを食べてしまうことになるのです。

睡眠時間が長ければ痩せるということはないのですが、ノンレム睡眠の状態が多ければ

成長ホルモンが分泌されて細胞の新陳代謝が促されることになります。

睡眠の質が高ければ結果的に脂肪燃焼にもつながりますので、ホルモンが分泌されやすい夜中の3時までには

眠りにつくようにしましょう。
9087~1


夜遅くまで起きていると、夕食から時間が経っているためつい夜食をとってしまいがちです。

夜間に食事をすると脂肪になることが多いため、早く寝ることは摂取エネルギーを減らすことにもつながります。

食べてすぐ寝るのもあまりお勧めできませんので、夕食は早めにとって、

3~4時間後までには眠りにつくようにするとよいでしょう。

規則正しい生活はダイエットの第一歩です。




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/44-a1fb3ea0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。