2013-10-02 13:26 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

野菜は体を機能させるうえで欠かせないビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。

そして、それ以外にもフィトケミカルと呼ばれる、体の生理的機能を活性化させる機能性成分が

注目を集めています。

Original_01672_1.jpg


フィトケミカルとは、植物性食品に含まれる物質の総称のこと。

植物性食品には、ビタミンやミネラルなどの栄養素、食物繊維などが含まれていますが、

フィトケミカルとは、「色」「香り」「苦味」といった今まで栄養素とは考えられていなかった

成分のことをいいます。

食物の5大栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルであり、近年、食物繊維が

第6の栄養素として注目を集めました。そして、今まで食物繊維同様、栄養素と考えられていなかった

「色」「香り」「苦味」等の植物性食品の成分のフィトケミカルが第7の栄養素として

取り上げられるようになりました。

栄養価が高いだけでなく、低エネルギーでダイエットの強い味方でもあります。

1日にとりたい量は350g、両手いっぱいが目安です。キャベツやきゅうり、大根、レタスなどの淡色野菜と

小松菜、にんじん、トマト、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜をバランス良くとりましょう。 





 西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/436-98070ec9