-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-01 14:52 | カテゴリ:うんちく
こんにちは。

世の中には生れつき身体機能や遺伝子に異常があったり、病気の症状・進行を抑えるために飲んでいる

薬の副作用等によって不可抗力で肥満になってしまうという人も存在します。

だから厳密に考えると、肥満の責任が必ずしも本人にあるとは限らないと言えるでしょう。

しかし、肥満の原因として最も一般的なのは食べ過ぎ・運動不足などであることから、

太っている人に対する世間の目はかなり厳しいようです。

89343ff9bd339ce3d742f2523b7044f8.jpg


また、大手ブログや、大手企業の肥満に対する印象のアンケート調査でも、

「太っている=自己管理能力が疑問」という直接的な意見から、

「がさつ」「短気」「頭の回転が悪い」「スケジュール管理能力不足」など、肥満と直接的な関係の無い能力まで

疑われてしまうという事がよく分かります。

アンケートは「女性から見た男性の肥満」という内容で行われたものですが、男性は女性を外見で判断しがちで

あることを考えると、性別が逆なら更にひどい事になるかもしれません・・・

肥満が社会問題化している米国では肥満であることが就職時に不利な条件となったり、昇進の妨げに

なるという話はが有名ですが、イエール大およびハワイ大学の共同調査によると、子供のころから肥満による

いじめやからかいにより精神的苦痛を感じている人も多いんだとか・・・

結局のところ、悲しいですが中身がどうであれ人が他人を外見の印象である程度判断してしまうのは

仕方のない事なのかもしれません。

そうすると、健康であるにもかかわらず生活習慣のせいで肥満になってしまったという人は、

努力をして痩せないと色々な面で損をする事は間違いないでしょう。

これは決してダイエットだけの事ではありません。

これは肩こりや腰痛も普段の生活での自己管理能力が左右します。

必ず原因があるという事を考えてみてください。整体はその原因を改善するお手伝いが得意です。







西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/434-36477b1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。