2013-06-19 12:17 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

「春眠暁を覚えず」といいますが、これは春の夜は過ごしやすくて気持ちがよく、

朝になってもなかなか目が覚めないという意味です。

睡眠の大事な役割のひとつに脳を休ませることがあります。

眠り始めの3~4時間のころ、脳は一番リラックスするといわれています。

そして睡眠の大事な役割のふたつめは、体を休めることです。

ただ横たわるだけでなく、内臓まで休めてあげることが大切。

食事は就寝2~3時間前に済ませておくことで、疲れた胃も元気を取戻します。

また、ぐっすり休むには寝具選びも重要。掛け布団は重過ぎるとかえって熟睡できなくなるので、

軽めのもののほうががおすすめです。そして枕は自分の体に合ったものを選ぶとよいでしょう。

trou.jpg






西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/331-33cf6998