2013-04-09 11:31 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

昨日の続き、他のやり方としては、

褐色脂肪細胞の活性化するポイントは、褐色脂肪細胞そのものに直接、刺激を与えることです。

褐色脂肪が密集している首に温度差をつけながら、シャワーをかけて刺激を与える方法などがあります。

24-thumb-545x320-177.jpg


40℃のお湯と、20℃の冷たい水を交互に30秒ずつ5回、首の後ろに当てます。

これで確実に褐色脂肪細胞は活性化します。この方法の難点は冷たい水をかけるという

身体にとって辛いことです。

風邪を引いては意味がありません。初めからやり過ぎないように。

なので最初は乾布摩擦的な事からでもいいかと思います。

乾いたタオルで全身をこする「乾布摩擦」。最近、乾布摩擦が美容にもいいと

静かなブームになっているのだとか。

続けると余分な角質を落とし、背中の肩甲骨まわりにある、脂肪を燃やすといわれる「褐色脂肪細胞」を

刺激することで、基礎代謝もUPが期待できます。 

血管が収縮するので、低血圧にも効果があるといいます。からだを洗うのと同じで、手先、足先から

心臓に向って、各パーツを5~10回ぐらいずつこすります。

裸でやることもあり、慣れるためにはあたたかくなってきた今の時期がチャンス。

全身行っても5分から10分。寝起きをスッキリさせてくれるからぜひ、起きがけの習慣に。




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/254-9148d897