2013-04-02 14:48 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

以前、噛み合わせなどについて書きましたが、そのあたりをもう少し掘り下げてみます。

580px-Somatosensory_cortex_ja.png

これは何だか難しく気味の悪い図ですが、あまり深く考えず見てください。

『ペンフィールドのホムンクルス』といって体の各部位が大脳皮質の感覚野に占める割合を示したものです。

これを見ると顔、唇や舌の比率が高いのがわかります。

脳の感覚野や運動野のかなりの部分は口腔内および顔面の運動が占めていると言われており

歯や顔面の刺激が脳を活性化します。

同時に全身の筋肉が固くなるのを防いでいます。

固いものをしっかり噛んで食べ、よく喋るなどとても大事です。

体の歪みを調整するのも、頭蓋や顔面まで全身を行うことが大切です。




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/246-cfcf6fef