2013-03-26 11:41 | カテゴリ:季節もの
こんにちは。

花粉症でお困りの方多いですね

私は花粉症になったことがない幸運な人間ですが、本当に幸運なだけなのでしょうか?

花粉が原因であれば私もなっているはず。で、あれば花粉症の人はそれなりの原因があるはず。

kahun.jpg


花粉症になるのは、この副腎皮質ホルモンを分泌する副腎の機能が弱っているからとも言えます。

副腎は腎臓に乗っかる感じで左右に位置していて、とても小さな臓器ですが、

体にとってとても重要な役割を持っています。

それは現代のように、エアコンもなく寒い時は徹底して寒く、熱い時は徹底して暑く、

時に生活の危機を感じる程のストレスに囲まれた日常を送っていた為、

アレルギー等の症状を緩和するこの副腎の機能も強かったと言われています。

温度差ストレスのコツは「短時間・一時的に」で「体の外から」行う事です。

長い事冷やし過ぎたり、温めすぎたりすると体がそれに適応してしまう上に、長時間のストレスは逆効果です。

また、夏に冷たいものを食べたりして内臓を直接冷やすのもよくないので、

あくまでも外部から行うのをお勧めします、10分ならその時間を決めてその時間だけ温度差ストレスを

加える用にしてください。

花粉症がある人で、こういった温度差ストレスを体に与えてあげるの方は多いようですね。

夏は冷えのストレスを、冬は熱のストレスを与えるようにして副腎皮質ホルモンの分泌を向上させるように

意識するといいでしょう。




西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/239-57a42610