2012-08-31 13:45 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

ダイエット目的の方や、加圧トレーニングの場でよく耳にする『基礎代謝』

言葉はよく聞くし、いい方がいいんでしょ?って方に向けて説明

【基礎代謝とは】
生命活動を維持するために体でで自動的に行われている活動で必要なエネルギーのこと。

相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で

約1,500キロカロリー(kcal)とされている。

消費量は骨格筋、肝臓、脳が半分以上を占める。
基礎代~1


【基礎代謝を高めるためには】
基礎代謝のなかでも筋肉の消費量が最も多く40%を消費するといわれています。

ですから筋肉を鍛えていくことで基礎代謝をあげる事が可能になるのです。

筋肉量が多い人は基礎代謝が高いため、運動しなくても消費してくれるカロリーが高まり、

つまりは食べても太りにくいというわけなのです。

ちなみに筋肉量は年とともに減っていきます。年齢とともに太りやすくなるのは

筋肉量の減少も原因の一つといわれています。

ちなみに基礎代謝は男性は16歳、女性は14歳がもっとも高いといわれていてそれ以降は下がっていきます。

特に女性は30歳前後、40歳前後に基礎代謝が急激に低下するといわれています。


と、いった感じです。

つまり食べないダイエットは筋肉を減少させるだけで、ダイエットではありません。

リバウンドが待ってます。ご注意を。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/tb.php/22-a2b3d519