2017-08-15 10:47 | カテゴリ:みなさまの声
こんにちは。

当院でおすすめしている枕を使った方の声をご紹介します。

無題


■N.Kさん(49才・女性/主婦)
―――――――――――――――――――――――
肩こりからくる首の痛みと
右腰、お尻部分の痛み、頭痛にも
悩んでいました。
そのせいか、眠りも浅かったと思います。


はじめは、朝起きたときに
5分だけ使うだけでしたが、

ある日、夜寝るときに
使い始めたら

いつのまにか寝て、
いつのまにか朝になっていた
くらい、よく眠れています。


他の枕だと、横向きに寝ると
首に力が入った感じになり
余計に肩がこっていたんですが、
今はそんなこともなく自然です。


うつ伏せで寝ていることも
なくなりました!


首の痛みや、頭痛も
なくなってきていて、

体の疲れが取れるって
こんな感じなんだなと
実感しています。
―――――――――――――――――――――――



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

スポンサーサイト
2017-08-15 04:12 | カテゴリ:未分類
ChiroIshii

アメブロを更新しました。 『いただきもの』 https://t.co/m04j8q0nMD
08-14 13:24

2017-08-14 13:08 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

睡眠には、身体の回復機能があるという感覚は持ってい る方も多いと思いますが、実は心の回復機能もあるのです。

なんだか憂鬱、不安だなと気分がすぐれない夜に、一晩 寝て朝になってみると少しすっきりしていたという経験 はありませんか?

yorufuan.jpg

心の不調から回復する方法は、運動や 会話による気分転換だけではありません。

ただ「眠る」 ということもその一つなのです。

しかも、夜に感じていた憂鬱な気持ちが朝起きたら少し 軽くなっていた、という実感を持つことで、さらに気持 ちが軽くなります。

寝れば少しは楽になれるという感覚 が、憂鬱でも眠ればいいかという安心材料になるという ことです。

そして逆に、不眠が続いたり、不眠を強く意識している 状況だと、体の回復機能が十分に働かず、

疲れやすく なったり憂鬱になることもあります。

眠りたいけど眠れない、というときは? 気持ちよく眠れば朝はすっきりできる。

だから気持ちよ く眠りたい!でも眠れない!といった悩みを抱えてしま うと、悪循環に陥ってしまいます。

眠らないと健康になれないという思い込みができると、 眠らないといけないという焦りから眠れなくなってしま い、

そしてさらに焦り・不安が増してしまうのです。

ではそんなときにどうやって悪循環を断ち切ればよい か?眠れないと思ったら、いっそ思い切って布団から出 てしまいましょう。

焦れば焦るほど眠れなくなるもの。それに1日ぐらい、深 夜まで起きていて寝不足になったくらいで、体はどうっ てことありません。

そうしてリラックスしていけば、眠れなくても疲れはと れるし、いつのまにか自然に眠気がやってきますよ。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック

2017-08-10 04:11 | カテゴリ:未分類
ChiroIshii

アメブロを更新しました。 『コードブルー』 https://t.co/6FwEgRzUF5
08-09 13:35

2017-08-09 12:54 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

「昨日いびきをかいて寝てたよ」そう指摘されるのは結 構恥ずかしいものですよね。

いびきは、気をつけようと 思って治せるものではありません。

しかし家族の睡眠な どを阻害してしまうことになるので、出来ることなら治 したいもの。

友人や会社での旅行に出かけるのにも引け 目を感じてしまいます。さて、いびきを治す手段はある のでしょうか?
snore201403_ttl-pc.jpg


人は寝ている間、筋肉などの力が抜けています。その結果、寝ている間「軟口蓋(なんこうがい)」や「舌根 (ぜっこん)」などが

下がり、気道をふさぐことがあり ます。

呼吸によって気道を出入りする空気がそれらを震 わせることによって起こるのが、いびきです。

いびきは、ひどく疲れているときや、多量のアルコール を摂取した際などによく起こると言われています。

舌の 筋力が落ちてしまうため、気道をふさぎやすくなってし まうのです。また、肥満体型の人は要注意。

喉が狭くな ることによっていびきをかく可能性が高くなります。

つまりいびきを改善するために有効なのは、

①疲れを溜 め込まない②アルコールが残った状態で眠りにつかない ③ダイエットの3つと言えます。

特にダイエットはすぐに効果が出るものではありません が、どれも健康のために重要なことです。

どうしてもい びきを改善したいのであれば、ぜひ生活習慣から見直し てみてくださいね。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック




2017-08-09 04:11 | カテゴリ:未分類
ChiroIshii

アメブロを更新しました。 『先日誕生日でした』 https://t.co/FgSrVlaH2e
08-08 11:52

2017-08-08 12:16 | カテゴリ:トレーニング
こんにちは。

スポーツ系の部活やサークルなどに所属していて、「もっと活躍したい!」と考えている人は多いはず。

活動時間外の練習や筋トレに励んでいる人もいるのではないでしょうか。筋肉の増強には練習や筋トレの内容も重要ですが、

実は「睡眠」もとても大事な要素です。そこで今回は、筋肉をつける際に気をつけたい睡眠のポイントについてお話しします。

睡眠は疲れた体を休息させる効果を持っているため、重要なのは当然だと思われるでしょう。

しかしその効果だけでなく、休息と同じぐらい重要な別の働きもあるのです。それは、「筋肉の増強」。

実は筋肉は、睡眠中に成長します。
sleep01.jpg

運動や筋トレを行うと、筋肉の細胞に傷ができます。もちろん出血などは伴わない微細な傷ではありますが、

傷を修復する際に、以前より強い筋肉を作ろうとする力が働きます。その力が正常に働けば、筋肉の増強につながるのです。

傷の修復は、睡眠中に行われます。つまりきちんと睡眠時間をとらないと、どんなに筋肉を鍛えるトレーニングや

練習を行っても効果が薄くなってしまうのです。

また、睡眠の質について考えることも重要です。眠りの質が低下すると、

細胞の修復を促す「成長ホルモン」が分泌されにくくなります。では睡眠の質をよくするためにはどうすればいいのでしょうか。

睡眠の質には様々な要素が絡み合っています。その中で、今日からでも始められるのが、

「体をリラックスさせた状態で眠りにつくこと」です。

運動や筋トレをくたくたになるまでやれば、すぐにころっと寝られる、と考えている人もいるかもしれません。

しかし、寝る直前に激しい運動や筋トレを行うことは厳禁。なぜなら、運動を行うことにより交感神経が優位になり、

体が緊張状態に陥ってしまうからです。心地よく眠るためにはリラックスしている時に働く副交感神経を優位にしなければなりません。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2017-08-08 04:12 | カテゴリ:未分類
ChiroIshii

アメブロを更新しました。 『色々たくさんいただきました』 https://t.co/oJVmoeOzFZ
08-07 15:26

2017-08-07 17:51 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

「身体がずっとダルい」「むくみやカサカサ肌が良くならない」...。そんなプチ不調が続くと、身体だけじゃなく心まで疲れてくるもの。

その不調の原因、実は「腎臓」にあるかもしれません。

腎臓の主な働きは、老廃物が溜まった血液をろ過し、尿として排出すること。東洋医学では腎臓と副腎をあわせて「腎」と呼び、

「生命力を司るもの」として解毒だけでなく、体内の水分をコントロールすると考えられています。

そんな腎臓が不調によってうまく役割を果たせなくなると、血液はドロドロに。その結果、血行は悪くなり、体温も下がり、

基礎代謝まで下がるという悪循環に陥ってしまいます。

さらに腎臓の不調によって体内の水分をうまく保てなくなったり、新陳代謝が落ちたりと、肌や髪の生まれ変わるスピードも

落としてしまうんです。

「最近、痩せにくくなった」「朝起きるとむくみがひどい」「肌荒れが気になる」という症状に心当たりがある人は

まさに腎臓が悲鳴をあげているかもしれません。
82727645-055b-4826-8969-e55d5b94a3ad.jpg


おへそまわりの“腎のツボ”がありますのでご自宅、または○○ながらで簡単にマッサージしてみては。
※文章ですと伝えにくいので興味ある方は直接聞いてくださいね。

ただしやりすぎはダメですよ。ほどほどに。

適度に毎日コツコツが大切です。もちろん腎臓にやさしい食事や自律神経をつかさどる

背骨の矯正も大切ですよ。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2017-08-07 14:50 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

デスクワークの人も、立ち仕事をしている人も、毎日家 事を行っている人も・・・どんな人でも一度は「腰痛」 が悩みのタネになったことがあるのではないでしょう か?

SnapCrab_NoName_2015-2-3_0-2-17_No-00.jpg


特に寝ようと横になった時に感じる腰の痛みは、睡眠に も悪影響を及ぼします。

腰の痛みの原因は姿勢の悪さや筋肉のコリだけでなく、 腰付近の骨の変形や椎間板の変性などさまざまです。
中にはストレスが腰痛に現れる人もいます。

本当に原因が たくさん考えられるので、特にきっかけが思いつかなく ても不安にならないでくださいね。

ただし我慢できないほどの痛みや、下半身のしびれなど がみられる場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

そうではない痛みは、ストレッチで軽くすることができ ます。とはいえ一日、二日試しただけではすぐに

元通り になってしまいます。少しでも痛みが軽くなるとサボっ てしまいがちですが、今

後腰痛に悩まされないようにす るためにも、根気強く続けていきましょう。

腰痛対策のストレッチというと腰を捻ったり伸ばしたり する運動を思い浮かべるかもしれません。

しかし実は腰 痛がひとたび起こると、腰痛付近だけでなく背中の筋肉 にまでコリが広がっていきます。

腰痛をかばって背中を 痛めることも多いようです。

また、腰痛で姿勢が悪くなると、股関節の動きが悪くな ります。

すると立ったり座ったりなどの股関節を動かす 動作の際に腰に負担がかかってしまいます。

そこで、背中の筋肉と股関節も一緒にほぐすことを心がけましょう。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック