2016-03-24 03:12 | カテゴリ:未分類
ChiroIshii

アメブロを更新しました。 『不調はアキレス腱から』⇒ https://t.co/phGYkE8n6w
03-23 13:41

スポンサーサイト
2016-03-23 13:33 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

もともと首、肩こりがある患者さん。下肢はO脚。

最近、右膝の裏が痛むとの訴え。

生理痛の軽減のため医者にピルを飲むようにすすめられ飲んでいるため

血栓ができたのではないかと不安になり血液検査をしたようです。(結果はまだ)

私としては検査して股関節、足首の可動域が悪いのでアキレス腱を調整。
5d9c3d890d18e55f2ff95f40ad4370d9-e1435537019459.jpg


そしたら、あれ痛くない。

股関節の可動域をあがって良かったよかった。

アキレス腱は、足首の柔軟性に影響を及ぼし、アキレス腱が硬いと 歩く時の衝撃が十分に吸収できなくて、

膝や股関節に疲労がたまりやすくなります。過度な運動をする以外の多くの膝痛は、膝そのものが原因ではないことが

多いです。

下肢の重心がずれていれば上半身もずれているので背骨も調整。

首肩こりもばっちりOK。

ちなみにピルの効果は、その方は逆に体調悪くなったようです。

もちろん血栓の検査に異常がなければオールOKで、異常があったらあったで発見できてそれはそれでOK。

みなさんアキレス腱は大丈夫ですか?

細かい動きによって可動域がちがうので、ここではざっくり足首を曲げる際、20~30度いきますか?

アキレス腱は簡単にのびませんので日頃からの調整とストレッチが大切です。

あなたの身体の不調もアキレス腱が原因かもしれませんよ。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック









2016-03-12 03:13 | カテゴリ:未分類
ChiroIshii

アメブロを更新しました。 『IDパスワードを忘れて?』⇒ https://t.co/xqhwx9Z49J
03-11 14:46

2016-03-09 12:02 | カテゴリ:体の知識
こんにちは。

だいぶ暖かい日が多くなりましたが、気温に関わらずお困りの方が少なくない『冷え性』

今回は少し違う角度で見た冷え性のお話し。

gf1420277872l.jpg


体は動かすのにもエネルギーを使いますが、体温を維持するのにもエネルギーは使います。

そして、体温の素は各部の細胞のミトコンドリアという小さな小さな器官で作られます。

この各細胞のミトコンドリアが活性化するには、体中にエネルギーが流れないとミトコンドリアまで届かないのです。

しかし、悲しみや怒りなどの感情を抑え込むことにより筋肉が緊張し硬くなると、エネルギーが体中に流れなくなります。

現代社会、色々ありますよね・・・

冷え性を治すには血液の流れも大切ですが、感情を抑え込むことによって起きた筋肉の緊張を元に戻るように

調整するのは非常に重要になります。

冷え性には運動がいい、ストレス解消には運動がいい、と言われますが、筋肉を動かすことは、

感情の抑圧で緊張し硬くなった筋肉をある程度ゆるめる効果があります。

環境、感情、食生活などで乱れた自律神経をカイロプラクティックで整え、身体の緊張、コリを解消し、

加圧トレーニングで緊張した筋肉を起こしストレス解消しましょう。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック