2016-12-02 11:28 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

いよいよ12月です。

厚着になりますから、ついつい気が緩んでしまいますがこの時期の過ごし方で

薄着になってきたときにやった人、やらなかった人の差が出ちゃいますよ。
20131030124906_527081b205812.jpg


10代の頃と体重は変わっていなくても、体のラインは年々 少しずつ変化していきます。

筋肉をアイソメトリクストレー ニングで適度に鍛えることで、たるみのないすっきりボディ が維持でき、

いつまでもカッコよくTシャツを着こなせますよ。

年齢を重ねていくことはとても楽しいことですよね。 子どもの頃のような好奇心を失わず、前向きに生きている人は、

いくつになっても輝いていて素敵です。

とはいえ、年齢と共に体が衰えてくるのは、誰でも避けては 通れないこと。

20代、30代、そして50代になっても、体重は変 わらないという人でも、なんとなく体のラインが変化しているのを

感じることがあります。

それをいちばん実感するのが、Tシャツを着たとき。 30代をすぎても、10代の頃のようにほっそりしている人もいますが、

Tシャツを着てみると、全体のラインが10代の頃とは 違っているのを感じることがありますね。

一生懸命ダイエットに励み、体重をキープしたり減らしたりし ているのに、どこかゆるんでいるように見えるのはなぜなのでしょうか。

この体のゆるみやたるみは、体重を減らせば解消できるという わけではありません。

たるみの本当の原因は、皮膚の下にある体表面近くの筋肉のゆるみなんです。

◎筋肉がゆるむ原因とは?
筋膜という筋繊維の集まった部分が強ければ、筋繊維はかた く引き締まります。 ところが運動不足などによって筋膜が弱っていくと、筋繊維を 束ねる力も弱くなってしまうのです。
また、筋肉がゆるむと体内の水分が筋膜から入り込んでた まってしまい、むくんだ状態に。 これも体のラインが崩れる原因のひとつです。

◎筋肉トレーニングでスッキリボディに。
筋肉トレーニングを行うと、筋繊維が太くなると同時に、筋膜も 鍛えられます。さらに筋繊維を縮める筋膜の力が増すと、筋肉内にたまっていた余分な水分が排出され、たるみを解消する ことができるのですね。

筋肉トレーニングといっても、重い負荷をかける必要はなく、 適度な負荷で、気になる部分を集中的に鍛える方法で大丈夫 です。

「アイソメトリクス」という、同じ力で何回も継続的に筋肉 を使うトレーニングがそれにあたります。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2016-02-15 14:11 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

ダイエットや健康のため、ウォーキングを行っている方も増え、またやるか考えている方も多いのでは?

当院でも加圧トレーニング後に有酸素運動を推奨していますし、実際に歩いてから帰られる方もいます。
IMG_0231.jpg


では、どのくらい?と思われる方へ。

よく『1万歩』という数字が基本とされています。

距離でいうと女性の方でゆっくり歩いたとして、個人差はありますが約5キロほどになるでしょう。

時間でいうと1時間から2時間ほど。

消費カロリーでいうと300から400キロカロリーのようです。

つまり毎日続けたら、350×30=10500(1キロ減量でちょっとおまけ付き)

これで体重が1キロ落ちればよくないですか?

単純に考えて毎月1キロぐらいの減量で無理せずゆっくり健康的に痩せていきたいなら十分。

加圧トレーニングで筋トレを加えたらより良いですね。

なんならちょっとおまけの消費カロリー分、美味しいものが気にせず食べられますよ。



西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック




2016-01-19 11:13 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

摂取カロリーよりも、消費カロリーが多ければ痩せる。

こんな常識はわかっているけど痩せない・・まわりと同じ運動しても痩せない・・・

では『体質』はどうでしょう?

body_illust.gif


日本人の3人に1人は遺伝子的に太りやすい体質のようです。

身体を構成しているのは『タンパク質』。体内の酵素やホルモンもタンパク質です。

遺伝子の情報をもとにタンパク質が作られていますが、どんな遺伝子の組み合わせを持っているか、

ではなく、どんなタンパク質を作り出すか。が今後のあなたの健康状態を左右します。

そこで大切になるのが、結局食事や運動などの生活パターンです。

遺伝子的に太りやすい体質であろうと、太りにくい体質であろうよ、生活習慣が悪ければ

どちらにも体質は変わるということです。

現代は太りやすい環境だらけです。

移動手段は便利になり、いつでも24時間食べ物は手に入ります。

なんで痩せないんだろう?と感じている方は、生活を見直しましょう。

体質のせいにしている方、あきらめないでください。

私は太りにくいと感じている方、油断禁物です。

あと女性の味方であり敵なのが『皮下脂肪』

皮下脂肪は内臓脂肪より落ちにくい脂肪細胞です。

皮下脂肪は『断熱材』の役割を担っています。

体温を保ってくれるといえば聞こえはいいですが、逆に考えれば熱を作り出すエネルギーが使われないので

脂肪がたまりやすい悪循環に陥りがちです。

つまり何もしなければ年々熱を作り出す力は弱くなっていきますので、

体温を下げないよう断熱材の皮下脂肪をさらに厚くしようと体は防除反応を起こします。

そうなれば、安静時の基礎代謝も熱を作らないので、食べれば消化されず脂肪として

どんどん吸収されてしまいます。

活動量を落とさない生活にしていき皮下脂肪を重ねないことが大切です。


西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック




2015-07-06 16:05 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

最近健康の為、仕事後毎日走っています。

雨続きですので、今日はいいかな~と甘えた気持ちを追っ払い走ってます。

これは続けなければ意味がないと現役時代に身を持って経験しているからです。

b0154801_9474216.gif


中途半端ならやらない方がいいです。やることに意味があるというのは間違い。

しかし約20年ぶりにしっかり走ろうと思いましたので、気持ちは軽快なつもりですが、体はついていけず。笑

で、疲れているときや忙しいとき、無性に甘いものが食べたくなること、ありますよね。

ストレスと食欲は非常に深い関係にあります。疲れていたり、ストレスがあると、体はエネルギーを消耗するので、

食欲が多くなるのは普通のことです。また、甘いもの(糖)を食べると脳で幸せ物質が出てきます。

ですので、疲れているときほど、甘いものが食べたくなるのも、体の自然な行動です。

とはいえ、無制限に食べていてはカロリーオーバーのもと。上手に楽しむコツは「適量を守ること」です。

ダイエット中でしたら、1日200kcal以下を目安にしましょう。

これも続けることが大切。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック
2015-06-30 17:43 | カテゴリ:ダイエット
こんにちは。

ダイエット中は食事制限は基本。

でも、野菜中心だと味気ないのは飽きちゃう・・・

そんな悩みダイエットに不向きっぽいチーズで一工夫。
img_howto01_01_01.jpg



欧米では白い肉とも呼ばれるチーズは、ビタミンCと食物繊維以外のほとんどの栄養素を含んでいる食品です。

吸収の良いカルシウムが豊富に含まれるチーズは、カルシウム補給にぴったり。

チーズは脂肪が多いものもありますので、購入する際には表示を見ることを心がけましょう。

一般的に、ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、チーズスプレッド(ぬるチーズ)は30~70%の脂肪を含んでいます。

クリームチーズは軟らかく、あっさりしているようですが、80%以上も脂肪を含むものがあります。

ダイエット中におすすめなのはカッテージチーズ。

脱脂乳などから作られるため低脂肪で低カロリー。同じ100gで比べても、カマンベールチーズが310kcalなのに対し、

カッテージチーズは104kcalです。固めのお豆腐のような食感でサラダやドレッシング、洋菓子など色々アレンジができますよ。





西船橋駅南口の整体&加圧トレーニング 西船橋カイロプラクティック